季の野の台所には人よりもたくさんの動物がいます。
農家の暮らしの中でそれらは、単なるペットとして同居しているわけではありません。人間では刈りきれない繁殖力旺盛な雑草を黙々食べてくれるだけでもどれだけ私たちの体と心が休まることか・・。
深夜勤務にイヤな顔ひとつせず、野生のタヌキ、ヌートリアから稲を守ってくれます。ここを訪れてくれた方たちへの対応は人の心耕すものを感じさせてくれるものがあり、それぞれの存在価値を認めずには暮らせません。

命をいただく企画の時、重要な任務を果たします。 すぐに大きくなるので、いつもヒヨコがいるわけではありません。ヨモギモチをもらって食べてます。

あひるもいます。抱っこされるの大好きです。物静かな存在なので、気が付かないかもしれません。

名前はペーター。時々馬と間違われます。ヤギとともだち